2017年4月8日土曜日

2017.04.08 飛鳥Ⅱの世界一周クルーズ,復活

● 飛鳥Ⅱの世界一周クルーズのパンフ。ここ2,3年,世界一周の催行はやめていたんじゃなかったっけ。来年から復活するようだ。景気回復が確実に進んでいるということだろうか。

● 102日間の行程となる。早期に旅行代金の全額を払い込めば,一番安い部屋なら330万円。もちろん,1部屋を2人で利用した場合の1人あたりの料金であるぞ。ただし,一番安い部屋の数はかなり少ないと思われる。
 まぁ,夫婦2人で1千万円と見込んでおけばよろしかろう(もちろん,夫婦じゃなくてもいいわけだが)。
 問題は,そのたったの1千万円をどうやって工面するかだな。

● バブルの残り香があった頃は,夫婦で1千万円の世界一周クルーズがすぐに予約で埋まったらしい。ひとつの国の国民だけで世界一周クルーズを催行できるのは日本だけだ,などとも言われていた。
 復活したのはそれなりの理由があってのことだろう。やはり予約ですぐに満杯になるんだろうか。

● こういう大名旅行,できればやってみたいなぁと正直思うけれどもね。
 同時に思うんですよ,こういうのに参加する人たちって,別にぼくらと隔絶した世界に住んでいるわけじゃないよ。教養も考え方も行動様式も,ほとんどぼくら貧乏人のそれと変わらないと思うよ。
 しかも,大半が後期高齢者のような気もするよ。乗客同士の交流なんてのに参加してもつまらなそうだ。

● とケチをつけてみたけれど,元気なうちにいければいいねぇ。
 自転車で数年かけて世界一周するにも,そのくらいのお金はかかるだろう。であれば,自転車での世界一周を画策した方がいいと思うんだけど,さすがにその気力は・・・・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿