2017年8月22日火曜日

2017.08.22 Facebookの魅力?

● Facebookを始めてまだ1年余にしかならないんだけど,一度,FBから離れようと思ったことがある。閉鎖的な空間でずっとここにいても仕方がないなと思って。
 閉鎖的であるのが,FBの特徴であることはわかっていた。

● 不特定多数に向けて情報を発信するのがホームページ以来のネットの真骨頂だ。ブログしかり,Twitterしかり。
 が,FBは“友だち”を作って,“友だち”の間でコミュニケーションを取り合うツールだから,自分の発信が届く範囲は“友だち”に限られる。“友だち”の誰かが「いいね」やシェアをすれば,彼の“友だち”にまで届くけれども,基本は情報拡散には適さないSNSだろう。

● 基本的にGoogleの検索にもかからない。そういう閉じた空間ってつまらないと思った。
 で,しばらく離れてみよう,と。が,1週間で舞い戻ってしまった。

● 舞い戻ったのはやはりFBにそれなりの魅力があるからだろう。その魅力というのは,雑談の魅力だろうか。アップされるのはおよそどうでもいいことばかりだ。自分の投稿も同じだ。
 夕食に何を食べたか。休日にどこに行ったか。そんなことは,基本,どうでもいい。そのどうでもいいことのやり取りはしかし,けっこう引力が強い。

● で,そうしたどうでもいいことのやりとりを楽しむには,“友だち”の数が一定数いることが前提だろう。ぼくがFBを離れようと思ったのも,“友だち”が10人程度しかいないからだと思う。それだけではないが,それが大きな理由であることは間違いない。
 ぼくはリアルでも友人は少ない。というか,ほぼいないので,それがFBにも反映されている。その結果,FBがあまり面白くならないのであれば,ぼくのリアルもあまり面白くないものなのか。

● ではあっても,“友だち”の数を増やすことを第一義にするのは,はっきり間違いだ。来るものは拒まずの結果だろうけど,4桁の“友だち”がいる人もいる。
 あらかた,フォローをはずしているのだろうと思うが,それでも使いづらいFBになっているだろうなと愚察する。

● しかし,だ。FB内をザッピングしてみると,面白い投稿が多いものはやはり“友だち”も多いようだ。しかも,類友の法則が利いていて,水準の高い人が多そうなのだ。ぼくが無理にそうした輪の中に入ろうとしても,いかにも場違いという気がする。
 FBはわりと正直にその人の格を写す。その人の性格や活動の質量,幅を総括して“格”という言葉を使っているのだが。

● 翻って,自分のFBはひと言でいえば貧相だ。ぼくの格を写した結果だと思う。友人の数を追うつもりはないけれども,そうはいってもかなり貧しい感じがする。
 それが現在の自分の実相なのだと思うしかない。

● FBを離れてみようと思ったのも,その実相から目を背けたくなった結果かもしれないと,今,思いあたった。

2017.08.21 セブン銀行のATM

● セブンイレブンやイトーヨーカドーやヨークベニマルに限らず,それ以外の場所にも設置されるようになりましたね。宇都宮でいえば,駅ビルとララスクには設置されている。
 これはとても便利で,たとえば新生銀行に口座を作れば,オールウェイズ,手数料なしでセブンのATMを利用できる。地元の地銀を使うのなんかバカらしくなる。

● セブン銀行の収益源は,ATMの手数料らしい。他の銀行の利用客が,その銀行のキャッシュカードでセブン銀行のATMを利用するたびに,手数料がセブン銀行に入る。他銀行のお客さんが収益源だ。
 どうして,他銀行のお客さんがセブン銀行のATMを使うのかといえば,セブンイレブンが24時間営業しているからだ。仕事が終わって外に出てみると,市中銀行のATMは閉まっている。

● ATMを使うのに手数料を払うというのは,ゼロ金利であることを考えれば,口座管理手数料を支払っているに等しい。
 ムダな出費の典型で,それを避けるには,新生銀行に口座を作るのはお勧めだ(新生銀行以外にもあるのかもしれないけど)。1年365日,1日24時間,セブンのATMを無料で使えるんだから。その手続きは,すべてネットですませることができる。
 あとは,暇があるとき,ついでの用事があるときに,市中銀行の普通口座に入っている現金を全部引きだして,セブン銀行に移し替えておくだけだ。

● 普段使いの銀行としては,店舗を構えて営業している市中銀行は,すでに要らなくなっている。
 まして,平日でも18時以降のATM利用には自行の預金者からも手数料を取るようなことをやっているところは,サッサと切り捨ててしまった方がいいのじゃないか。
 もっとも,セブン銀行でも自行のカードでは,19時から7時までの引出しには108円の手数料がかかる。その代わり,nanacoのポイントが貯まる。

● セブン銀行に不安があるとすれば,現金需要じたいが減っているってことでしょう。クレカを使えるところが増えた。電子マネーも普及している。
 ぼくも遅ればせながら,脱現金を試行。今日から。ぼくが単独で行く店はほぼコンビニに限られるので,コンビニで何か買うときに,金額の大小を問わず,現金ではなくクレカで支払うことにしたってだけなんですが。

● 昔,邱永漢さんが,クレジットカードを使うのは借金と同じと書いていて,それを読んで以来,頑なに現金主義を貫いていたんだけど,どうやら時代はだいぶ変わっていたらしい。
 少なくとも,コンビニの店員にしてみれば,現金よりクレカを使ってくれた方がありがたいだろう。

● Suicaは使ったことがない。JRの切符は自動券売機で現金で買っている。これも改めようと思う。遅すぎるんだが。
 ちなみに,バスに乗るときはバスカードを使用している。だいぶお得になるのでね。

● ともあれ,現金で支払うことが少なくなれば,ATMへの依存度も下がる。セブンイレブンも独自の電子マネーやクレカを運営している。セブン銀行はおそらくATMのみの運用だろうから,自分で自分の首を絞める結果になるかもね。
 とはいえ,特に地方では以前として現金組が多数派のように思える。セブン銀行の恩恵は地方の方が大きいかもしれない。

2017年8月15日火曜日

2017.08.15 株価暴落?

● 東芝が2部に降格するときに,東芝株は値下がりすると書いた新聞があった。というか,多かった。各種インデックスの指標から外れるから,大手は買わなくなるだろう,と。
 が,現実はそうなっていない。昨日は下げたが,朝鮮半島情勢を嫌気して全体が下げているので,その流れにあるに過ぎない。東芝固有の理由によるのではない。
 ま,新聞記者のヨミなんてのはそんなものでしょ。

● 腕に覚えのある人なら,東芝株はチャンスをくれるかもしれない。が,普通人はやめておいた方がいいだろうね。ぼくもやめておく。

● ぼく一個は,今はキャッシュポジションを高めておくべきときではないかと思っている。ぼくがそう思うんだから,市場は逆に動くかなぁ。
 なぜそう思うのかといえば,朝鮮半島もだけど,ヨーロッパが不気味だから。ドイチェバンク危機説はだいぶ前から語られている(が,現在まで特に異変は生じていない)。
 こういうものって,徐々に兆しが強くなるというんじゃなくて,来るときは突然来るものだと思う。

● そうなったらユーロはどうなるのか。イギリスやフランスはどうなるのか。立て直すのにどのくらいの公的資金が必要になるのか。欧州各国はその負担に耐えられるのか。
 どのくらいで立て直せるのか。それまで,世界でどのような混乱がどの程度まで発生するのか。

● こういうとき,ネットにはあまり信頼できる情報はないように思う。ものがものだけに,欧州各国ともそんな情報が出ないように気を遣っているだろう。
 こちらの感度が悪くて,キャッチできないだけかもしれないけど。いわゆる“ここだけの話”的なものは,当然,情報から除外しなければならない。

● だから,ヨーロッパが不気味だというのは,データに基づいた予想というレベルのものではない。何となくそんな気がするという,大昔の天気予報のようなものにすぎない。

2017年8月12日土曜日

2017.08.12 鹿沼の黒川でローソン・パブ

● 鹿沼に行った。JR利用。帰りに,市内のローソン鹿沼上田町店で缶ハイボールと肴を買って,黒川べりで飲んだ。ローソン・パブ黒川版。590円の贅沢だ。

● 水が流れ下っていく様,その流れていく音。音楽を聴いてるより,こっちの方がいいかと思うほどで,ずっとこうしていたいと思った。
 曇っていて暑くなかったのも幸い。

● ぼくはピクニックとかハイキングとかトレッキングとかはやったことがない。そういうものは都会に住んでいる人たちが,田舎を楽しむためにするものだと思っていた。
 ぼくは田舎に住んでいるんだから,ことさら自然を求める必要はないと思っていた。

● でも,川の流れを間近に見ながら,安い酒を飲むのは気持ちがいいんでした。お金を使わないでできる独り飲みの究極はこれかもしれない。
 こういうのって,地元の川でもできるじゃないかって話だけど,車を運転するわけにいかないからね。地元でっていうのは,けっこう難しいんだよね。
 電車で行けて,しかも駅から徒歩圏内にある川ってほかにないですかねぇ。


(追記 2017.08.17)

同じことを宇都宮の田川でやってみた。宮の橋の少し上流側。
 でも,残念ながら,感興は今ひとつだった。黒川のような清涼感がない。水が流れ下っていくときの音もない。人工護岸で大きな用水路といった趣なのもマイナス点。正直,これは1回やってみてもういいやと思った。

 かといって,そのためにわざわざ鹿沼まで行くのはちょっとあり得ない
 どこかにないかなぁ。鬼怒川はダメだね。車が必要になる。自宅から五行川までは歩けなくはないんだけど,たぶん歩かないなぁ。

矢板の内川はありかもしれない。鹿沼よりは近い(少なくとも時間的には)。
 烏山線で滝駅で降りて,龍門の滝で飲むのもやってみたい。気持ちが良かろうね。この場合の問題は,運転本数が少ないことだな。

2017年8月3日木曜日

2017.08.03 酒井若菜

● 右の写真は女優の酒井若菜。ネットにあったものを拝借した。
 こういう大人になっていたんだね。何かいい感じだねぇ。

● ぼくは永井大主演のテレビドラマ「黒い太陽」に出ていたのしか知らないんだけど。存在感の薄い役どころだったような記憶がある。
 永井演じる立花のために,財産も身体も差しだしたのに,結局,立花に利用されただけだったという。

● けれども,本人はこういう大人になっていた。病気や芸能活動休止も経験して,いろいろあって,結果,かなりいい感じの大人の女性になった。
 演技上手だし,文才もあるし,芸能界の枠に収まらない活動をするのじゃないかなぁ,と。

● 彼女,栃木県野木町の出身。

2017.08.03 「サンライズ」で東京のガイドブックを買う

これを買った
● 何も買わないで出るのは申しわけない気がして,こんなガイドブックを買ってみた。東京を歩くのは楽しいのでね。
 ま,情報収集ですね。こういうものはスマホの地図より,紙になっている方がずっと使い勝手がいいし。
 でも,数ヵ月前に同じようなガイドブックを(別の書店で)買っていたのを,今,思いだした。

● といって,ガイドブックをなぞるように歩いてみたって仕方がないとも思う。できれば自分なりにアレンジしたいものだ。
 アレンジするためには,ある程度現地の土地勘がなければならない。当然,そんなものはない。

すでにこれを買っていた
● だから,アレンジを施すためには,ガイドブックの地図をよく見ることだ。地図から情報を拾う。頭の中で風景をでっち上げてみる。
 でもって,自分はこっちの方に行こうとルートを変えてみる。

● けれども,ガイドブックに載っているモデルコースを超えることは,なかなかできないものでしょうね。読者からのフィードバックもあるんだろうし,実際に何度も歩いてコースを決めているんだろうから。

● ともかく。東京を歩くのは楽しいものだ。田舎者にとっては,じつに東京はワンダーランドだ。

2017.08.03 高根沢町の「サンライズ」

● 高根沢町で唯一の書店になった感のある「サンライズ」を覗いてみた。何とも久しぶり。本を買わなくなっているからな。
 それだけではない。どうしたって宇都宮に出てしまう。品揃えの問題だ。

● ここは「サンライズ」を中心に,ゲームセンターやコンビニ(ローソン)やレンタルビデオショップがあった。察するに(察しなくても),文化とアミューズメントの集積地を作ろうとしたものだろう。
 鉄筋アパートもあって,高根沢町では最も都会的(?)なスポットでしたよ。かつては,ぼくもしばしば出かけたものでした。宇宙戦艦ヤマトのビデオなんか借りたもんだ。

● が,栄枯盛衰は激しく,レンタルショップはとっくになくなり,コンビニも消えた。
 レンタルショップが消えたのは,ハーマンに負けたから。そのハーマンもすでにレンタル部門は廃業している。
 ネット社会に対応しなければならないことはわかっていたんだろうけど,対応するにはそれなりに体力が要るということだろうか。

● 健在なのは「サンライズ」とゲームセンターくらいのもの。アパートも空き室がけっこう目立つ感じ。
 コンビニがあった建物には学習塾が入っている。空き家になっていないのは恭悦に存ずる。