2018年5月19日土曜日

2018.05.19 都市伝説

● 今日の昼食はセブンイレブンのカツカレー。コンビニは街の大衆食堂にとっても驚異であろうな。
 以前からコンビニ弁当には保存料がどっさり入っているという風評がある。コンビニ側は一切の抗弁をしない。頑なに沈黙を守っている。大人の対応としてはそれしかない。いちいち抗弁してたら,その度に話題になってしまう。痛くもない腹を探られることになる。
 支持を受けているがゆえの余裕かもしれない。財布を開いてお金を払ってくれるお客さんがたくさんいるのだ。風評など放っておけばいいと考えるだけの余裕があるのだろう。

● コンビニ弁当には保存料が入っているから食べない方がいい。そういう風評がなぜ広まったのかというのは,検討に値する問題かもしれない。
 そういう風評が立つことで得をする側の人間がいる。いつ行ってもコンビニには弁当が並んでいるんだから,保存料をいれて長くもつようにしているのだろうと単純に思ってしまう人がいる。

● かつて船井幸雄という経営コンサルタント会社の社長がいた。著書もたくさん書いた人で,似非科学の普及に功績があった。彼が著書で紹介した人は次々にお縄になったり失脚するという,曲がりやでもあった。
 その彼が,機内食は食べてはいけないと書いていた。航空会社の人に食べない方がいいと言われたというのだ。理由は同じだ。食中毒は絶対に出してはいけない機内食となれば,保存料なしですますわけにはいかないだろうと誰でも考えるだろう。
 しかし,だ。保存料の害というのがいかほどのものであるかちゃんと知っている人がどれだけいるか。少なくとも,喫煙者や酒を飲む人や甘いものに目がない人が,保存料の害を心配する必要はないのではないか。
 ともあれ。保存料が入っているものは身体に悪いので自分は食べない,とCAに言えるほどのエゴイストが,自分の半径3m以内にいたとすると,自分の居場所を変えたくなる人もいると思う。

● 機内食に保存料が使われているのかどうか,ぼくは知らない。が,コンビニ弁当となると話は別だ。
 SNSでもコンビニを告発する投稿を見ることがある。自分はコンビニ弁当をつくる工場で働いていたことがある。マニュアルにしたがって保存料を振りかけたところ,そんな量じゃダメだ,もっと大量に使え,と上司に怒られた。と書かれている投稿を読んだことがある。もちろん,匿名だ。かなり悪質だ。

● はるかな昔。ぼくがまだ青年のはしりだった頃に,家電量販店(栃木県だとコジマ)が広がっていった。そのときもこういうことが言われた。コジマで売ってるものは安いけれどもすぐに壊れる。
 ぼくの親などもその話を信じていた。信じていると,それに適う事例を集めてしまう。たまたまであろうが,他に理由があってそうなったのであろうが,やはりそうかという根拠になってしまう。
 この場合も,そういう風評で得をする側の人間がいた。同じ商品をこれだけ安く売れるわけがないと単純に信じてしまう大衆がいた。

● 最近の小学校では運動会でも順位をつけない,ゴール前で後続者を待って皆で同時にゴールするのだ,という話もひと頃は流布した。今でもそう思っている人がいるかもしれない。
 しかし,不思議なことがある。目撃者がいないのだ。自分の通っている小学校の運動会ではそうしているという児童は一人もいない。自分が勤務している小学校ではそうしているという教師も一人もいない。自分の子供が通っている小学校の運動会でそういう光景を見たという保護者も一人もいない。
 ここから導かれる結論はひとつだ。実際にはそういう事実はなかった。つまり,これは都市伝説の類だった。口裂け女(古い!)の話と同じだ。

● 誰かが言いだした。あるいは,同時多発だったかもしれない。今の小学校ならいかにもありそうなことだと考えた人が多かったのだろう。それを聞いてそうなのだと信じてしまう。
 “いかにもありそうなことだ”から信じるのは,思考停止の典型だ。都市伝説は多数者の思考停止から生まれるのだ。

2018年5月18日金曜日

2018.05.18 Facebook雑感

● 友だちが「いいね」した投稿を表示しなくなっている。いずれ復活するのだろうと思っているのだが,今のところはその気配がない。
 したがって,情報を拡散させるためのツールとしてはだいぶ弱くなっている。拡散させるためには「シェア」しなければならないわけだから。「いいね」ボタンをクリックするのと,シェアするのとでは,明らかに後者の方が障壁が高い。

● 「いいね」の対象記事が自分のタイムラインに表示されないのは,ありがたくもある。これ,どちらがいいのかは,ぼくには判断しかねる。
 ただ,「○○さんがこのイベントに興味があると言ってます」を表示してもらうよりは,「いいね」の対象記事を表示してもらった方がありがたいかな。

● FBの機能はてんこ盛りだ。が,ほとんどの人は,投稿と「いいね」とコメントとメッセしか使っていないだろう。それでいいのだと思う。
 それ以上の機能を多用すると,だいたいは嫌われるんじゃないか。うるさい!ってね。

● それ以上に気になるのは,占いをはじめとする診断アプリが依然として猖獗をきわめていることだ。
 ぼくの場合だと,“昭和○○年生まれの人は,今年大きく人生が転換します。特に△月生まれの人は2ヶ月以内にその転換が訪れます。詳しくはこちら”というのが表示される。4月当初から同じものが出ている。ひと月半経っても“2ヶ月以内”は変わらないんだけどね。
 それを「いいね」したりシェアする人の数も減る気配がない。ネットリテラシーを決定的に欠く人が相当数いる(中高年に多いはずだと思っている)。ネットリテラシーを欠くと,その影響は本人にとどまらず,他人に迷惑をかけてしまうことになる。

● あと,広告の表示だ。表示される広告を見ていると,FBが追跡しているのはFBに投稿したものに限らない。
 GoogleアカウントでFBにログインしているんだけれども,スマホ(Android)じたいをGoogleアカウントで使っているわけだし,パソコンもブラウザはChromeなので,同様にGoogleアカウントが基本になる。そうしなければ,不便でしょうがないという程度にはGoogleに依存している。
 その結果どうなるかというと,TwitterにツイートするとFBに表示される広告がそれに沿ったものに変わる。アマゾンのサイトに行って,何かの商品を参照すると,FBの広告がそれを反映する。
 具体的に実害はないんだけれども,あまりいい気分のものではないよね。

● ちなみに,FBに表示される企業の広告に「いいね」すると,その「いいね」は半永久的に使われるからね。その広告に載っている商品に限定されず,半永久的に。
 3年後や5年後,10年後の当該企業の広告にも「××さんがいいねしました」と表示され続けるんだよ。これまた,実害はないと思うけれども,「なんだ,こいつ,こんな商品をいいと思ってるのか」と思われるかもよ。
 一時の気迷いで半永久的な禍根を残してしまう可能性があるってことね。

● それやこれやを考えると,無料の代償はけっこう高いのかもしれないねぇ。

● Twitterには140文字という制約がある。FBにはそれがない。が,140字を超える投稿はFBでもかなり少ない。スマホを使っている人が多いからだろう。
 日本語の140字は相当に広い空間でもあるのだろう。400字詰め原稿用紙で7行分だもんな。かなりの長さだよね。

● そこで考えなければならないことは,あまり長いとスマホでは読むのも大変だということだ。基本,長文投稿は嫌われると思うべきだろう。ぼくなんかはFBではわりと長さを気にせずに書いてしまうんだけど,よくないね,これはね。
 FBでも簡潔を旨とすべし。難しいけれども,簡潔にしてなお意を尽くす文章を追求すべし。

2018年5月17日木曜日

2018.05.17 結婚制度は空洞化する

● 今日は古紙回収の日なので,古紙をゴミステーションに持っていく。新聞を取らなくなっているから新聞紙と折り込みチラシはなくなった。その分,ダンボールが大きく増えた。ネット通販のせい(?)だ。どちらのご家庭でも同じでしょう。
 洗濯物を干して掃除機をかけ,かたわら朝食の準備をして,食べたら洗って片づける。

● 何というか,家事って楽だ。これなら,男やもめにも蛆がわくこともあるまいし,若い独身男性が自分でお弁当を作って会社に持っていくのもむべなるかな,と思う。
 何を言いたいのかというと,男が生活していくのに女手は要らなくなったということ。

● 女が生きていくのにも男手を必要としない。かなり以前からそうなっている。女性は結婚したら退職するものという風潮はとっくに消えている。
 今は女性でも自分の食い扶持を稼ぐことは難なくできる。男性の稼ぎに頼る必要はない。

● こうして男女とも互いを必要としなくなったのに,結婚が廃れないのが不思議だ。
 晩婚化,非婚化は以前から言われていて,実際にそういうことになっているのだけれども,結婚という制度じたいは盤石のように思える。

● 最も古い女性の職業は売春だと聞いたことがある。叱られるのを覚悟で申しあげるんだけど,ぼくは結婚も売春の一形態だと思っているのだ。結婚が通常の売春と異なるのは,相手が不特定多数ではないことと,行為の度に金銭の授受が行われるわけではないことだ。
 女性が結婚しないで生存を確保することは難しかった時代が長く続いた(そうじゃなくなったのはさほど昔ではない)。その時代の結婚は,行為の度に金銭で精算するのではなく,自らの生存と生活を確保するという報酬と引替に性を提供する長期売春であったろう。

● もはや女性がそんなことをする必要はなくなった。にもかかわらず,結婚は祝祭であり続けている。
 その理由はひとつしか考えられない。子供が欲しいということだ。これがなくなると,結婚という社会制度は崩壊していくはずだ。

● ぼくは少子化を問題視するのは問題だと思っている。向かうべくして向かっている方向のように思う。ので,今後当分の間は,子供を持ちたいという欲望も希薄化するのではないかと予想している。
 それが非婚化・晩婚化なのであるけれども,それがさらに進行するだろう。結婚という制度は存続するけれども,その制度を利用する人は減り続ける。

● それで困るのは,じつは年寄りだけだ。支えてくれる人が減り続けるわけだから。が,年寄りが困ることによって誰が困るか。誰も困らない。放っておけばいい。
 が,年寄りはすでに社会のマジョリティーであって,選挙制度の下では彼ら年寄りの利益が優先されがちになるだろうことも,容易に予測できる。

● さて,このせめぎ合いはどうなるか。ぼくは少子化はメカニカルなものだと考えているので,年寄りの利益がどうであろうと,選挙結果がどうであろうと,少子化は進行し,結婚制度は空洞化すると思っている。

2018.05.17 氏家のブックオフで

● ブックオフで,特に百円になった本が並んでいる棚を見て,思うことは,経済的価値に限定すれば,本も生鮮食品と同じだということだ。買ったらサッサと読まないといけない。放っておくと短期間で腐る。腐って捨てるしかないものになる。
 わが家の書庫にも昔から積ん読にしている本が,千冊か2千冊かわからないけれども,かなりの数,ある。その中にはブックオフに百円で並んでいるものがいくつもある。大半は百円の価値すらなくなっているだろう。

● 本は読み終えたら処分すべきものだとも思う。保存しておくものではない。それをやっていいのは,その道の専門家が仕事で使う本や資料に限られるだろう。
 娯楽としての読書,消費としての読書,暇つぶしとしての読書の場合は,そのために買った本はサッサと読んでサッサと処分するのが原則だ。

● もう一度読むかもしれないなどと考えない方がいい。また読みたくなったら,それこそブックオフで百円になっているのを買えばいいのだし,図書館で借りればいいのだ。
 ぼくが買うような本はいわゆる駄本であって,多くの人が買うものだ。そういうものは,無料の貸本屋である市町村立の図書館にたいていある。御用とお急ぎでなければ,図書館でだいたい読める。

● というか,読み返すような本は滅多にないことは,経験則に照らしてわかっていることではないか。だから,百円の価値もなくなったものに屋内の空間を占拠させておいてはいけないのだ。

2018年5月13日日曜日

2018.05.13 ロイヤルパークホテルに投宿 2

● ラウンジで朝食。和食があれば,それを選ぶことが多くなった。味噌汁から卵焼き,タクアンに至るまで,すこぶる美味。
 ラウンジでもオムレツサービスはあった。けど,今回,ぼくはパス。相方によれば,美味しいよとのこと。

● 一周してまたここを定宿にすることになるかもしれない。絶対神(相方)のお考え次第だけれども,そうなりそうな予感がする。
 理由の第一は,安いから。第二に地の利がいいから。東京のどこにあれば地の利が悪いというのかは,ここでは考えないでおく。

● このホテル,今年で開業30年になるらしい。バブルが弾ける前にできている。ので,バブルの香りがけっこう残っている。無駄に豪奢なロビーとか,宴会場が過剰なところとか。
 過剰を活用しきれなくて,まるごと眠らせてしまっているフロアもある(今回はたまたまそうだったのかもしれないが)。ラウンジも宴会場を転用したものだけれども,スペースの有効活用は言うほど簡単じゃない。

● この値段で利用できるわけだから,エグゼクティブラウンジという名称にも関わらず,ぼくらが典型的にそうなんだけど,安さに惹かれてやってきた人しかいない。客層は田舎の大衆食堂のそれと変わらない。
 社会人になりたての若者のカップルや専門学校で勉強中とおぼしきカップルもいて,逆にいうと緊張しなくてすむ。

● この傾向は他のホテルでも似たようなものだ。ぼくらが想像するエグゼクティブというのは,この世に存在しないのかもしれないね。キッチリとお洒落して,所作がきれいで,物静かで,教養があって,温厚で,控えめで,っていうのは,架空のドラマとか小説とか漫画にしか存在しないものなんでしょうかねぇ。
 日本はサラリーマン社会で,学歴も収入も価値観も似たような人たちが集まって集団を作っていて,他の集団と交わることがあまりない。ので,自分たちの集団はそうじゃないけれど,きっと世の中には“エグゼクティブ”な集団が存在するんだろうと思ってしまいがちなのかもね。

● 朝食後はロビーをウロウロしたり,サウナに入ったりしているうちに,時間はスルスルと過ぎて,チェックアウトの時刻(正午)になった。
 手続きはラウンジでできる。こちらはコーヒーを飲んでいればいい。

● 来るときには東京駅から歩いた。ぼく一個は歩くことをあまり苦にしないから,このホテルは東京駅から徒歩圏内だと言い切りたいが,人には勧めづらいかも。
 帰りは錦糸町に出る予定。となると,東京駅まで歩いて秋葉原で乗り換えるか,人形町駅から日比谷線に乗って上野に出るか,どちらがいいかなぁと考えてしまう。JRで行くことをまず発想しちゃうんですよね。
 このホテルは半蔵門線の水天宮前駅と直結してて,半蔵門線で3駅目が錦糸町だ。

2018年5月12日土曜日

2018.05.12 ロイヤルパークホテルに投宿

● 日本橋蛎殻町のロイヤルパークホテルに投宿。今から20年前,何度か泊まってた。じつにもって久しぶり。
 わが家の東京での宿は,このホテルからウェスティン→インターコンチネンタル東京ベイ→シェラトン都,と変遷してるんだけど,そうなったのは理由がある。というのは...(以下,略)

● 今回の宿泊料金は2万円。1人あたりなら1万円。この場所なら素泊りでも安いかも。上野のカプセルホテルでも4千円なんだから。それでラウンジまで使えるんだから,破格であります。
 相方がネットで見つけた。黄金週間の翌週だとお客が退くんでしょうね。あり得ないプランが飛びだしてくる。

● 今日は天気がいいので,自転車日和。できれば自転車でどこかに出かけてみたかった。が,わが家の絶対神のおっしゃることに,こちらが異議を申し立てることは許されない。
 とはいえ,本当にイヤなら拒否するだろうから,ぼくも自転車よりこちらを選んだということね。

● まずは20階のラウンジでハイボールを。2時間ほど席を占めてしまった。最長記録だ。つまり,眼下の景色を含めて居心地がいいということ。
 部屋は1449号室。広い部屋にアップグレードされていた。ひょっとすると,この部屋番号が嫌われていて,アップグレード用になっているのかもしれない(ま,そんなことはないんだろうけど)。もしそうなら,49をシク(死苦)と読んでしまうからいけない。ヨク(なる)と読むべきなのだ。アメニティはロクシタン。

● 20年前の楽しみは朝食だった。落合さんというシェフがいらして,目の前でオムレツを作ってくれた。
 その種のサービスは今は普通になっていると思うんだけど,落合さんのオムレツほど旨いのは,その後,食べたことがない。ただし,そのときの記憶が美化されてしまっているかもしれない。

● 夜,相方と人形町を歩いてみた。いろんな店(飲食店)があって,歩いているだけでも楽しい。酒場に入って酒を飲めばもっと楽しいだろう。が,ラウンジでハイボールを5杯飲んで,ぼくはかなり酩酊気味だ。相方は下戸に近い。っていうか,下戸だ。
 ので,ラーメンを食べてホテルに戻った。パキスタンかバングラデシュ出身とおぼしき若者が麺を茹でていた。

2018.05.12 「さぼてん」のトンカツ

● これから相方と東京に行く。昼時だったので,宇都宮で何か食べていきましょということになった。
 駅から大きく離れるわけにはいかないから,丸亀製麺のうどんか,銀だこでたこ焼きを買って駅のホームで食べるか,おおよそそんなところではないかと思っていた。

● ら。「さぼてん」に入ることになった。ぼく一人ならまずやらない贅沢に属する。吉野家かモスバーガーにしたはずだ。吉野家で牛丼並みと生卵にすれば440円なのに対して,「さぼてん」でトンカツ定食を食べれば1,500円になるんだからね。
 相方はすでにバカンスモードになっているようだった(1泊2日なのだが)。バカンスなんだからお金を使っていい。

● かつて,トンカツはビフテキと並んで,一度は食べてみたい憧れの食べものだった。その時代を知る人はだんだん少なくなっているかもしれないけれども,確実にそうだったのだ。そういう時代があったのだ。
 トンカツの名店は全国各地にあるに違いない。それらの店は,贅沢を満たしてくれるハレの場でもあったはずなのだ。

● ただ,ぼく一個は食に対する訴求点が高くないこともあって,それらの名店を探して訪ねるという情熱は持っていない。それもあってか,トンカツなら全国のどこにでもある「さぼてん」でいいじゃないかと思っている。
 しかも,店で食べるまでもなく,弁当を買えばいい,と。なぜなら,弁当の方が安いから。ま,ぼくの食へのこだわりはそんなものでしかない。

● というわけなので,「さぼてん」の店内で食べるのは数年ぶりのことになる(数年前にここでビールを飲んだことがあった)。何度か来ているから勝手はわかっている。
 千切りキャベツがお代わり自由なのだよね。このキャベツ,旨いよね。このキャベツが食べたくて「さぼてん」に来る人がいるのじゃないかと思うほどだ。ドレッシングは2種。
 味噌汁とご飯もお代わり自由。おかずがトンカツなんだから,そんなには食べられないはずだけどね。味噌汁は赤味噌。旨い味噌汁だと思う。普段,味噌汁は食べないから,なおのことおう思うのかもしれないんだけど。

● スタッフはバイトでしょ。にしては,対応はほぼ完璧。明日からでもホテルスタッフが務まりそうに思えるんだけども,そうは問屋が卸さないものなんですかね。
 いやいや,そんなことはないと思うな。やれるはずだな。

● テーブルは二人用のものが多くて,これなら一人で来ても申しわけなさを感じなくてすむと思う。こういうところ,チェーン店はきっちり対応している。ファミリーや友人たちと5,6人で利用するなんて,居酒屋以外にはなくなっているもんね。少人数での利用を想定しなければいけない。
 個人営業のところは,団欒を提供したいという店側の思いが先行しているのか,現実にそぐわないレイアウトだなと思うことが多いんだけど,チェーン店はそのあたりに抜かりはない。

● というわけで,満足して店を出た。が,ぼく一人で来ることがこの先あるかどうか。やっぱ,吉野家にしちゃいそうだ。